上下水道施設の非線形解析

2014年に「下水道施設の耐震対策設計と解説」が改訂となり、新たに耐震性能2'が規定されました。

耐震補強工事が待ったなしの状況の中、L2での補強が困難な施設も多く、非線形解析を用いた耐震性能2'の照査が待たれる施設が数多く存在します。

弊社では、いち早く上下水道施設の非線形解析対応への準備を行いまして、新指針対応の非線形解析も手掛けております。複合構造物の耐震診断と共に、是非ご検討をお願いします。

(c)crown .inc